ロードバイク

ロードバイクとクロスバイク 買うならどっち!?

投稿日:




初めてのスポーツバイク

初めてスポートバイクを買うとなった場合、購入に至るまでにはいろいろと悩むべき問題があります。

これまでの人選でママチャリなどを主な移動手段としていた幼少期や学生時代。

そのまま社会人になって自動車免許を取得した途端、一生涯自転車とは無縁の生活を送る方も少なくは無いでしょうけれど、何らかの事情で突然自転車の購入を考える方も多いと思います。

例えば通勤とか、ダイエットのためにスポーツバイクにのってみたい...とか。

 

今やサイクリング愛好家の人口は全国で600万人強とも言われていますが、その中の大半はロードバイクになるのでは無いでしょうか?。

今や健康ブームによる有酸素運動の代表各とも言われるサイクリング。

その中でもロードバイクやクロスバイクは人気の自転車でもあります。

 

今回の記事では、その中でもよく比較対象にされるロードバイククロスバイクについて、どちらを購入するべきか悩んでいる方向けに記事を書いてみたいと思います。

追伸、当サイトはロードバイク専門のサイトになりますので、ロードバイク寄りの意見が多いです。ご了承ください....笑。

 

 

スポーツバイクは主に3種類に分類される

一般的にスポーツバイクと呼ばれる自転車は大きく分けて下記の3種類に分類されます。

厳密に分けると、BMXとかファットバイクとかミニベロとかいろいろ出てきますが、今回はこの3つからさらに2つに絞って書いていきます。

 

ロードバイク

言わずもがな、人力で動かす乗り物の中で世界最速のスピードを出せる人類究極の乗り物、ロードバイク。

細いタイヤにぐにゃりと曲がったドロップハンドル、特徴のあるデザインのカラフルなフレームが特徴です。

細いタイヤと変速機能を備えたロードバイクは軽く、そして路面や風との抵抗を極力少なくして走られるように作られているため、初心者の方でも買ったその日からびっくりするほどのスピードを出すことが出来ます。その反面、舗装路を速く走る事に特化して作られているため、未舗装路や段差などの多い道は苦手とします。

今や全国各地では、ロードバイクをメインとしたロードレースやヒルクライムレースが盛んに行われています。

ロードバイクの楽しみ方は人それぞれで、休日を利用して気軽に短い距離でのサイクリングを楽しんでみたり、ダイエットのために毎日数十キロを走ったり、中にはレースに出る予定も無く購入された方がレースに参戦してみたりと、いろいろな楽しみ方が出来るのもミ魅力の1つです。

 

マウンテンバイク

太くてゴツいブロックタイヤに一文字のハンドル、極太で頑丈なアルミフレーム。

マウンテンバイクはその名の通り、山道や悪路の走破に特化したスポーツバイクになります。

タイヤはロードバイクの約3倍の太さ。フレームも衝撃に強い頑丈な作りになっているので、1m程度の段差から飛び降りてもびくともしません。

特に山歩きや悪路のダウンヒルを楽しむ方が多く、休日は野山を駆け回ったりと楽しむ方も増えています。

舗装路を走ることも苦手ではないですが、太いタイヤのせいでスピードはあまり出せません。

 

クロスバイク

ロードバイクとマウンテンバイクのいいとこ取りをしたようなスポーツバイク、クロスバイク

クロスバイクのベースはマウンテンバイクで、フレームやコンポーネント(変速・動力伝達装置)はマウンテンバイクのものを併用して開発・製造しています。

しかしながら、マウンテンバイクよりは細いタイヤを仕様しています。言い換えれば、ママチャリとほぼ同サイズのタイヤを使用しているので、舗装路もそこそこのスピードで走破でき、場合によっては悪路も走破することが出来ます。

一方で、舗装路・悪路どちらにも特化した造りでは無いため、一部のサイクリストからは「中途半端バイク」と揶揄されるところも否めません。

 

用途としては、交通量や段差、ストップアンドゴーの多い街中を移動するのには長けているので、通勤や通学には一番適した自転車ではないかと思います。

私も先日までクロスバイクを1台所有していましたが、ロードバイクとマウンテンバイクを1台づつ増車したため、保管スペースの問題で売却しました。

 

 

ロードバイクとクロスバイク 買うならどっちだ!?

今回のテーマはロードバイクとクロスバイク、どっちが良いのか?という話でしたね。

極論になりますが、どっちかを選ぶとしたら自分が自転車を買って何がしたいのか?どこに行くために自転車を使用したいのか?をよく考える必要があります。

 

その自転車を買って何がしたいのか?を考えよう!

使う予定も何も決まっていない人が自転車を買う人なんて居ないと思います。

自転車を買う必要が何故発生したかをよく考えましょう。

 

例えば......

クロスバイクをオススメするのはこんな方

通学に

関東の学校・大学に通う事になったが、電車通学だとお金が掛かるので自転車で通学したい。学生はとかく生活費との戦い。電車移動では移動範囲が限定されますが、自転車移動だとサークル活動やバイト先へ直行するときなども便利です。勿論、雨や雪には弱いので、天候には左右されます。

 

通勤に

突然の辞令で都心部の営業所に移動になったが、満員電車での通勤は勘弁なので自転車通勤がしたい。社会人になると、とかく運動不足を健康診断で指摘されます。日々の通勤を自転車にして消費カロリーを増やすと、意外や意外、体重の減少に貢献してくれます。

 

ハンドルが苦手

ロードバイクのドロップハンドルは怖くてちょっと苦手という方にはクロスバイクがオススメです。クロスバイクのハンドルは一文字ハンドルでとても握りやすく、ハンドルの操作もしやすいです。

 

ロードバイクまでは必要ない

ママチャリではちょっと、でもロードバイクは敷居が高い....。そんな方にもクロスバイクはオススメです。ロードバイクは取り回しや扱いもデリケートにしなければならず意外に気を使いますが、クロスバイクはマウンテンバイクがベースになっているので、意外に頑丈です。手荒な扱いは避けなければなりませんが、壊れにくいのも特徴の1つです。

 

休日には自転車で遠出もしてみたい

通勤メインだけど、休日には近所にポタリングに出かけたい。ママチャリならそうは行きませんが、天気のいい日はクロスバイクにリュックサック1つ背負って遠出する....なんて気にもさせてくれます。

 

たまに友達に誘われる

友達でロードバイクを持っている人が居て、たまにサイクリングに誘われる事があるからスポーツバイクが欲しい。でもロードバイクは....。という方にはクロスバイクのほうがいいかも知れません。但し、まともに走ると、ロードバイクには付いていけませんのでそれなりの覚悟を持ってご一緒する事になります。

 

 

ロードバイクをオススメするのはこんな方

ダイエットしたい

ダイエットのために自転車で有酸素運動が良いと聞いた事がありませんか?。ロードバイクは有酸素運動の代名詞的な存在でもあります。

 

私が運営する別ブログですが、この記事が大変参考になるかと。

 

ただ闇雲にロードバイクに乗って走り続ければ体重が減るか?と言うとちょっと違いますが、詳しくは上記ブログの記事も参考にしてみて下さい。

 

レースに出てみたい

どうせならヒルクライムレースに出てみたくないですか?

”レースに出る”という何気ない気持ちから参加すると、いつの間にか「上位入賞するためには....」と速く走るための方法ををいろいろと考えるようになります。そうなったらもう、あなたはロードバイクの虜です。

 

自転車のイベントに出てみたい

”レースに出てみたい”と被っているような気もしますが、イベント参加はレース参加に比べて敷居が低いので初心者にもオススメです。イベントは50km以上を走破するロングライドが中心になると思いますが、長い距離を走る事に慣れてくると、自分の体を鍛える事にも貢献するし、何より半日以上行動を共にしたサイクリストの皆さんとお友達になれます。交友関係が広がると、各地のイベントやレースで合った時の話題もひとしおです。

 

一生涯楽しめるスポーツがしたい

生涯スポーツとして取り組めるものを探しているのであれば、ロードバイクは絶好のスポーツです。ジョギングやマラソンと違いロードバイクは足腰、特に関節に侍自重の負担が掛からないスポーツです。しかも高心拍で運動強度が高いので、運動の効果がかなり高いスポーツ。体に負担が掛からないので70代になってもレースに出続けている方も居るほど。

生涯を通して楽しむ事が出来ます。

 

友人に誘われている

友達がロードバイクにのっていて興味があるのであれば、ロードバイクを初めて見るのも良いかも知れません。自分の近くでやっている人が既に居るのであれば、一緒にトレーニングしたり分からない事が聞けたり、良いことずくめです。

一人で黙々と走るより二人三人で走ったほうが断然楽しいし、モチベーションも維持できます。

 

金が余っていて使いみちに困っている

居るのかな?こんな人......笑。

お金が有り余っていて使いみちに困っているのであれば、ロードバイクはオススメです。どっぷりハマればそれなりに投資することも可能です。しかし、投資した分満足に回収できるかは本人の努力次第ですが.....。

 

 

意外に多い将来的な買い替え

クロスバイクとロードバイク、購入に困っている人向けにいろいろと書いてみましたが、よく聞く話ではクロスバイクを買ったはいいがロードバイクに比べてスピードレンジが違いすぎてすぐ飽きてしまい、結局ロードバイクに買い替えたという話。

私の場合、8万円の完成車クロスバイクを夜間のトレーニング用に購入したものの、仕事のシフトが変わった影響で夜間走れなくなり、買ったばかりのクロスバイクに半年で乗らなくなってしまいました。そうこうしているうちに、2代目のロードバイク購入と先輩からマウンテンバイクを譲り受けたのをきっかけに、保管場所確保のためにクロスバイクを売却する羽目に....。

半年しか乗っていなかったので、買った自転車やさんでもそれなりの値段で引き取って貰ったので、そんなに損もしませんでした。

しかし、こればかりは買ってみないと分からないもの。

クロスバイクで十分と思って買ったはいいが、友達がロードバイクに乗っていて一緒に走るような場面が増えると、次第にクロスバイクでは物足りなくなります。クロスバイクではロードバイクに付いていけません。巡航速度が5~10km/hほど違います。

もしもいま、ロードバイクがクロスバイクで迷っているのなら、黙ってロードバイクを購入したほうが賢明かも知れません。

で、それでもクロスバイクの使用用途があるんだったら、後からクロスを増車というのもありでは無いでしょうか?。

一番大事な事は、冒頭でも書いた通りで、今買おうとしているスポーツバイクを主にどんな使い方をするのか?という事になると思います。

間違いなく通勤通学にだけ使うというのであればクロス、将来ヒルクライムレースなどにも出たいのなら30万程度のロードバイクを買っておいたほうが、後々後悔はしないと思わます。

最初に10万のクロスバイクを買って、後から30万のロードでは、最初の10万の投資金額が勿体ない....ってなってしまいます。

 

 

まとめ

いろいろと自分目線で書いてしまいましたが、どんな使い方をするのかをきちんと整理してから購入計画を立てなければなりませんね。

クロスバイクと言えども、ママチャリの数倍の値段がしますので。

最後に一つだけ言わせて頂ければ、通販などで売られている3万円程度のバイクだけは買わないで下さい。すぐ壊れるのでお金の無駄です。通販バイクに3万も投資するのであれば、頑張ってあと5万円貯めて近所の自転車屋さんで国産メーカーのバイクを購入したほうが賢明です。

クロスだったら完成車目安10万円前後、ロードバイクなら最低でも15万~20万のバイクを買っておけば、ある程度の年数を維持出来ると思います。

追伸、私は高校時代に購入した15万のロードバイクを26年経過した今でも大事に乗っています。

 

 

それなりに良いものを買ってそれなりにメンテさえ怠らなければ、一生涯乗ることも不可能ではありません。

しっかりと検討して、よき自転車ライフを送られる事を陰ながら応援しています。

それでは。




-ロードバイク

Copyright© Best Cyclist , 2019 All Rights Reserved.